ツアーに関するワンポイントアドバイス

ここ最近、日本で人気の観光地や名所では、外国人旅行客を見かけることが多くなっております。

彼らは団体あるいは個人で来訪されています。ツアー中、観光客と遭遇する場面においては、お互いの文化と価値観やマナーを知りながら、共有し合っていかなければなりません。さて、旅行(国内・海外)ツアーといえば、全行程に添乗員が同行して案内をしてくれるプランもあれば、自由気ままに気兼ねなく参加できるフリープランなどもあります。

オプショナルツアーを付けれる場合もあります。添乗員(日本語を理解しながら話せる人)がおられると緊急な時には心強いでしょう。人は急な体調変化や突然の事態に陥ると、冷静な判断を見失い、咄嗟には対応出来ないこともあります。パッケージツアーでは「添乗員の同行はありませんが現地係員がお世話します」といわれることもあります。現地ガイドは各地で入れ替わることもあります。

ガイドブックには載っていない最新情報を聞けたり、穴場を教えてもらたりするかもしれません。パンフレット内容も参照にしながら、自分の要望や予算にあったプランを申し込まれるとよいでしょう。比較的安価なものでも、表記されていないものを足せば、結果的に割高になることもあります。

こだわりたい物事があるならば、思い切って高級志向プランにされた方が満足を得られるでしょう。ツアー募集においては、社会・国際情勢や気候の変動の影響を受けてしまうこともあり、計画通りにはいかないこともあります。目的地と日程と旅程を決めても、最少催行人数に達しない場合は中止となる場合もあります。

催行されるかどうかは出発間近にならないと分からないこともあります。代替プランを提案されることもあるでしょう。取り消しされる場合、約款によって決められているキャンセル料が発生することもあります。健康管理には十分に気をつけながら、無理のない旅行計画を立てるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *