尾瀬のおすすめコースと山小屋への宿泊について

沼山峠から大江湿原、尾瀬沼を経由して見晴らし十字路、尾瀬ヶ原湿原を抜けて鳩待峠に向かうコースは初心者でも十分楽しむことが出来る人気のモデルコースです。

登山道両脇にはカラフルな高山植物が群生しているので、写真が趣味な人にとってはシャッターチャンスが多数ある、つい写真撮影に夢中になってしまい、予定の時間よりもオーバーしてしまうなどのケースも少ないありません。ルートマップを見て次のポイントまでの所要時間を計算していても、予定よりも時間がオーバーしてしまえばゆっくりと散策することが出来なくなります。尾瀬には複数の山小屋があるので、宿泊するプランで訪れればゆっくり時間をかけて写真撮影を楽しみながら大自然を満喫できます。

沼山峠から湿原の入り口になる見晴らし十字路までは、コースタイムで約4時間半です。途中1時間のランチタイムや写真撮影をしながらの場合には、6時間ほど見ておけば良いでしょう、ここから鳩待峠までは約4時間掛かるので、初日は見晴らし十字路周辺の山小屋に宿泊し、翌朝続きのコースを歩くのがお勧めです。見晴らし十字路周辺は多数の山小屋あるので、ネットを使って山小屋の比較を行っておくと良いでしょう。

尾瀬の山小屋は基本的に事前予約がルールになっているので、電話もしくはホームページから予約を行いましょう。水芭蕉の季節などの場合は、混雑するので譲り合う心が大切ですが、個室を完備している小屋もあるので、家族連れで宿泊する時にもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *