ニセコの尻別川はラフティングにも最適です

「ラフティング」は春や夏のアウトドアアトラクションとして人気となっている物で、ボートで川下りをするスポーツです。

主に8人乗りのゴムボートに皆で乗り込み、パドルを漕ぎながら激流を下ったりする事が特徴です。修学旅行のメニューなどでも人気となっていて、幅広い年齢層の方に利用されています。川下りの途中で川の中を泳いだり、水の中に飛び込んだりといった場面も見られ、仲間同士で一体となって楽しめるアクティビティです。

全国各地で観光の一環や体験ツアーなどが開催されていますが、中でも北海道のニセコで行なうラフティング体験が評判となっています。ニセコの羊蹄山を眺める尻別川は全長126㎞という、大規模で自然が豊かな川です。ニセコは北海道の厳しい冬場を過ぎると、尻別川は雪解けの水が美しくなるのが魅力です。

春の時期は雪解けで増水した尻別川となり、ラフティングには最適な環境となっています。そして夏場には増水した川の水が減っていきますが、夏のコースとして人気の場所は岩と水量のバランスが良くなっています。ニセコの壮大な景色を楽しみながら行なうラフティングは、まさに北海道の醍醐味を感じられると言えるでしょう。スリリングな川下りもできますし、雄大な自然をゆったり満喫する事もできるのが、尻別川の魅力の1つです。近年は冬場の観光客の方も増加しており、外国人の方も多く訪れていますが、夏場でもニセコでラフティングが楽しめるのも人気の要因とも言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *