ニセコのラフティングは気軽に参加できます

電車を利用して、函館から札幌に行く方法の中には長万部から函館本線に乗り換える方法と、そのまま室蘭本線を使う方法の2種類があります。

函館本線は、長万部から小樽を経由して、札幌に向かうことができる路線ですが、途中にはニセコと呼ぶ有数のラフティングスポットを持つ場所を経由するのが特徴です。ラフティングは流れが比較的速い川で行われるボートアトラクション、自然の中で楽しむことができるアクティビティとして人気を集めています。

北海道旅行を行っている人や地元に住む人など、気軽に楽しめるのがニセコのラフティングの特徴です。気軽に楽しめる理由の中には、ツアーに参加する時には着替えやタオル、濡れても構わない服装で参加ができることは勿論のこと、参加可能な年齢も小学生以上になっているシーズンが多いことが挙げられます。

尻別川はニセコラフティングのフィールドになる川なのですが、一般的に知られる激流のような流れではなく、初心者でも安心して参加できる急流の川などからも、ラフティングが初めの人でも気軽に参加ができる魅力がニセコにはあるわけです。さらに、JR函館本線のニセコ駅近くには数多くのショップが点在しており、ネットを使うことで事前予約ができるようになっています。ショップの数が多くあるので、オンシーズンなどの時でも予約が取りやすいなどのメリットもあるのも、当エリアの魅力の一つ、水が冷たい時期などはウェットスーツを着用するので寒さを感じることなくアクティビティを満喫できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *