尻別川はニセコラフティングスポットを持つ川

札幌から函館本線を利用して小樽、ニセコと向かう途中に流れる川は尻別川と呼ぶ河川です。

尻別川は、正式には北海道胆振総合振興局管内と後志総合振興局管内を流れ、日本海に注ぐ一級河川で、函館本線沿いを流れているエリアはラフティングスポットになっています。さらに、尻別川は1999年から2016年の中で行われた水質調査において、日本一を数回獲得しているなど、水がきれいなどの特徴もあります。ニセコのラフティングスポットでも有名な川でもあり、函館本線の列車から眺めている人の中には、自分もニセコのラフティングにチャレンジしてみたいと感じている人も多いのではないでしょうか。

ニセコのラフティングは、現地でショップ経営を行っているお店を選び予約をすれば簡単にツアーに参加することができます。但し、注意しなければならないことは、ラフティングは水量に応じてツアーが開催できないケースがある点です。例えば、前日に大雨が降ると川は増水状態になります。

逆に、雨が降らない日が続いた時などは水量が減ることになり、川底にある大きな岩が水面に出現するので、ツアーができなくなることもあります。ツアーの決行および中止はショップのベテランガイドさんにより下されることになるので、ツアー当日には連絡を取ることができるようにしておく必要があります。尚、ツアーは1日のコースと半日のコース、指定場所でのバーベキューをセットにしたプランなどもあるのでショップのホームページをチェックしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *