夜行バスのスノボー旅行プラン

冬は本格的なスノボーシーズンとなりますが、ゲレンデで思う存分に楽しむためには、まずは自宅から現地に向かう旅行プランを立てることからはじめるのが必須です。

目的地といっても全国各地にゲレンデが開設されていますので迷ってしまいますが、大きなゲレンデになるとスノボー専用コースがあり、スキー客とは分かれて滑ることができるようにもなっています。場合によっては同じ専用コースでも傾斜がゆるやかな初心者向けコースさえ導入しているところもあり、このような設備面での充実度も加味しながら目的地を選ぶのがよいでしょう。また現地で宿泊をする場合の旅行プランとしては、利便性の良さを重視してゲレンデから至近距離のホテルを選ぶか、あるいは予算を重視して多少ゲレンデから遠いホテルを選ぶかがポイントになります。

ゲレンデから遠い場合であっても、通常は無料送迎バスをホテル側が自主的に運行していますので、実質的には大きな問題にはなりません。このような距離と予算の問題に加えて、たとえば天然温泉が付いたホテル、地元料理が食べられるレストランを併設のホテルといった、付加価値の部分に注目して選ぶこともできます。目的地が決まった場合は移動手段が重要となります。

旅行といえば電車やバスでの移動が普通ですが、場合によっては夜行バスを利用することも考えられます。夜行バスは値段が安く何度も訪れる人にとっては都合がよいこともありますが、ほかにも現地到着が朝方となるため、朝から夕方までスノボーを楽しめるという滞在時間の長さも大きなメリットです。夜行バスは普段からなじみのある存在ではないはずですが、上手に使えばかなり便利といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *