敏感肌の化粧品選びでの注意点

敏感肌の人は外的刺激に対して敏感に反応してしまう状態であり、痒みやヒリヒリとした不快な症状が現れることもあります。これらは皮膚のバリア機能の低下が主な要因であり、乾燥や老化や誤ったスキンケアによって引き起こされます。人の肌には元々潤い成分が含まれており、若いうちは十分な量が確保されていますのでハリがあって潤いのある状態が維持されるのですが、年齢を重ねると共に徐々に減少していきますので様々なトラブルが現れ始めます。潤い成分は敏感肌を改善するための重要なポイントになりますので、日々のケアでは不足している潤いを補えるような化粧品を導入することが大切です。

敏感肌の化粧品選びで注目したい成分はセラミドです。セラミドは角質細胞間脂質であり、角質層の水分の約50%を占めています。化粧品でセラミドを補うとコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことにもつながりますので、弾力のある肌を取り戻すことができます。化粧品には様々な種類がありますが、肌馴染みの良いものを選ぶことも大切です。

浸透率の良いものは少量でも大きな成果を上げることができます。敏感肌の人はメイク用品選びも重要なのですが、肌荒れを隠すのに最適だと言われているリキッドタイプは避けた方が無難です。リキッドタイプには界面活性剤が多く含まれていますので、バリア機能の弱まった肌には大きな刺激となります。パウダータイプなら刺激が少ないので比較的安全に利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です