正しい化粧品と適切なケアで敏感肌を改善する

顔を洗った後や化粧水を付けた時にひりひりする敏感肌の人は化粧品選びにも人一倍気を使います。敏感肌用の化粧品を使っているのに症状が改善されない場合は、その化粧品に有効な保湿成分が含まれていないのかもしれません。敏感肌の原因は人によってさまざまですが、多くの場合がバリア機能が低下していることによります。バリア機能の低下は肌に存在しているセラミドの減少が原因なので、敏感肌を改善するには、セラミド配合の化粧品を選んで、正しい保湿ケアをすることが大切です。

また、意外と見落としがちなのがクレンジングや洗顔料です。洗浄力が強すぎるものを選ぶと肌に必要なセラミドなどの潤い成分がどんどん洗い流されてしまいます。オイルクレンジングなどの洗浄力の強すぎるクレンジング剤は避けるようにしましょう。普通、クレンジングの後は洗顔料を使って洗顔するダブル洗顔が基本ですが、敏感な肌にはおすすめできません。

クレンジング剤のなかにはダブル洗顔が不要なタイプもあります。また、ファンデーション選びに気を付ければ石鹸のみでメイクを落とすこともできます。薄いメイクを心がけてクレンジングや洗顔による負担を減らすようにすることも大切です。洗顔後はすぐに保湿化粧水でケアする必要がありますが、肌が敏感になりすぎている場合は、化粧水に含まれる水分が刺激になってしまうこともあります。

その場合は、化粧水のステップを飛ばして保湿力の高いクリームのみでケアしてあげると良いでしょう。敏感肌も正しい化粧品を選んで適切なケアをすることで改善することができます。自分に合ったアイテムを見つけて健康的な肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です