敏感肌の人が化粧品を選ぶうえで外せないポイントとは

敏感肌の人は間違った化粧品を選ぶと、さらに症状を悪化させてしまいます。敏感肌は肌のバリア機能が低下して角質層がボロボロになった状態です。バリア機能が低下した肌はさまざまな刺激が肌の内部に伝わってしまうので、ヒリヒリしたり赤みが出たりしてしまいます。肌にとって刺激となる物質が細胞の隙間から入りこみ、肌が持つ免疫機能が異物を排除しようとして反応してしまうのが敏感肌の症状です。

アレルギー反応を起こす物質は人それぞれなので、すべての人にとって安全な化粧品は存在しません。安心して使うことができるかどうかは自分自身で確かめるしかないのですが、化粧品を選ぶうえでいくつか外せないポイントがあります。まずは、肌に刺激となる成分が配合されているものは避けるということです。合成香料や着色料、アルコール、鉱物油などは肌への負担となります。

このような成分が配合された化粧品は避けるようにしましょう。やむを得ず使用する場合は、顔に付ける前にパッチテストをして問題がないかどうかを確かめてから使いましょう。また、肌のバリア機能を回復させるために必要なセラミドが配合されたものを選ぶというのも大切なポイントです。肌のバリア機能を回復させるためには、ボロボロになった角質細胞の隙間を埋めるセラミドが必要なのです。

不足したセラミドを補うことで、肌が本来持っているバリア機能を正常化することができます。敏感肌用の化粧品を使っているのに一向に症状が改善しないという人は、以上のことに注意して、今使っているアイテムを見直してみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です