敏感肌が化粧品を選ぶポイントとは

敏感肌の人が化粧品を選ぶときのポイントですが、一つ目は保湿成分入りの化粧品を選びましょう。敏感肌の人は保湿することが不可欠なのです。保湿成分入りの化粧品の中でもとくに、角層の水分をかかえてはなさない保湿成分を選ぶようにしましょう。成分で言うとセラミドがとくにおすすめです。

セラミドには水を蓄える保水力があります。セラミドの中にも色々種類がありますが、セラミドの表記の後に2、3、6、10などの数字がかいてあるヒト型セラミドを選びましょう。その他の保湿成分としては、ヒアルロン酸、スフィンゴ脂質、コラーゲン、エラスチン、水素添加大豆レシチン、ステアリン酸コレステロールなどとなっています。二つ目のポイントとしては、自分の肌に合わない成分はさけることが大事です。

アルコールや香料などはとくに敏感肌の人に合わないことが多い成分になります。また種類や配分量などによっても刺激されたりする可能性があります。肌の弱い人は新しい化粧品を使用する前に、必ずパッチテストを行うようにしましょう。三つ目のポイントとしては、必要以上に化粧品を使用しないようにしましょう。

多種類の製品を使用したからといって肌に良いわけではありません。多種類の製品を使用することによって、肌に合わない成分に出会う確率は高まります。とくに肌の弱い人は、お手入れが過剰になりすぎないように気をつける必要があります。できるだけ必要最低限のクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液程度にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です