敏感肌は化粧品選びが重要

敏感肌の化粧品選びでまず最初にチェックしたいのがメイク用品です。メイクには様々な成分が使用されていますが、一般的にリキッドタイプは肌に大きな負担をかける可能性が高いものですので避けた方が無難です。リキッドタイプを利用するとなぜリスクが高いのかというと、界面活性剤が多く含まれているからです。界面活性剤は肌に大きな刺激を与えるものの一つであり、敏感肌の人でなくてもトラブルにつながる恐れがあります。

敏感肌の人なら尚更危険ですので、リキッドタイプのカバー力を利用してトラブルを隠したいと思っていてもパウダータイプにした方が安全です。パウダータイプも使い方によっては綺麗に隠すことができます。鍵となるのはベースですが、保湿を行ってくれるタイプを利用すると長時間良いコンディションが続きます。化粧品では日々のケアも重要です。

乾燥から敏感肌になっているケースも多いので保湿を行ってくれるタイプを利用するのも良いのですが、もっと重要なのは潤い成分です。最近の化粧品には様々な種類の潤い成分が含まれるようになっており、特にセラミドは注目したい成分です。角質層の水分の約50%を占める成分ですが、この成分が減少するとコラーゲン等の弾力をもたせる成分の生成も滞ります。セラミドを利用する場合、化粧水のようにサラサラとしたタイプにするよりクリームタイプの方がより高い効果が期待できますし、成分はシンプルな方が安全度が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です