化粧水に含まれるビタミンCの安全性

洗顔後に肌を整える目的で使用する化粧水。水分なので保湿目的と勘違いされがちですが、つけた直後から水分は蒸発、その際に肌内部の水分も持って行ってしまいます。そのため単体での利用は危険で、その後に美容液で成分を補給して乳液で肌にふたをし、必要であればさらにクリームでバリアをするというのが正しいスキンケアです。このように化粧水とはその後の美容液などの有効成分を肌により効率よく浸透させるために欠かせない基礎化粧品なのです。

そんな化粧水には美白やニキビ予防でビタミンC配合という種類が多数存在します。ビタミンCにはメラニンを抑制したり肌の弾力をアップさせたり、殺菌効果があることが知られています。風邪予防にも効果があると言われることから、毎日の食事で積極的に摂っている方も多いでしょう。体の内側からでも十分に効力があるのですから、肌に直接塗って効果を得たいと考えるのは当然です。

ただ、ここで注意したいことがあります。それがその性質についてです。非常に酸化しやすいのでそのまま肌に塗ると逆にシミなどの原因となると言われています。ビタミンC配合の化粧水は大丈夫なのでしょうか。

実は化粧品に入っているビタミンCはそれそのままの成分ではありません。光に当たったり酸素に触れても変質しないようなビタミンC誘導体、L-アスコルビン酸として含まれているので安心して使えるのです。そのため配合の化粧水は安心して使って大丈夫なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です