様々なメリットがある化粧水の効果

基本的に化粧水は、洗顔をしたあとに潤いを与える目的として使うアイテムだと言われています。洗顔にて1日の汚れを取り除いたあとは肌を守る皮脂が洗い流され、潤いが取り除かれた状態となっています。そのままにしておくと残った潤いが逃げていくばかりか、どんどん乾燥しやすくなりキメが乱れてきてしまいます。化粧水の効果には、そんな状態になるのを防ぐという意味があり、潤いが逃げやすくなり不安定になっているところへ保湿を行うという役割があるのです。

こういった役目をもつ化粧水の効果の特徴としては、角質層まで浸透させられることと蒸散しにくい保湿成分を配合していることが挙げられます。商品により配合成分にはバラつきがありますが、たいていは精製水という名の水をメインに使っていて、それ以外で効果的な成分をいくつも合わせて使用しています。普通は水のみ肌につけても角質層まで届くことはないのですが、保湿力のある成分を配合することで肌の潤いを満たせるようになっているのです。また、そのあとに使用する美容液や乳液といったアイテムを塗りやすくして、それぞれの効果を引き出すこともできます。

洗顔後すぐに乳液などを塗ってみると分かりやすいですが、肌の滑りがよくないとうまく塗れずに負担がかかりやすくなるからです。このようにスキンケアの中で非常に重要な役割を果たす化粧水の効果には、肌状態を良好に保つ以外にメイクのノリをよくするということも期待できるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です