化粧水の効果は使い方で変わる!

スキンケアの一つで誰もが使うのが化粧水ですが、実は化粧水には正しい使い方があります。しかし、使用する方の中には間違った使い方をしている方も多くいます。スキンケアは間違った使い方をすると効果を得られないだけでなく、逆に肌にダメージを与え、刺激に弱い肌にしてしまう場合もあります。そのため使う際は正しい使い方をすることをおすすめします。

では、どのように使えば効果的なのかご紹介します。まず、重要なのは使用量です。バシャバシャと大量に使う方もいますが、肌質によってはそんなに使う必要はありません。化粧水には肌に潤いを与える成分が含まれています。

そのため使えば使うほどその成分は肌に浸透して潤いを与えますが、逆に与えすぎると肌が自身で潤う前にたっぷりと保水してしまいます。そしてそれらは自然に蒸発してしまうため、たっぷりと与えた分、乾燥しやすくなってしまうのです。これを繰り返すうちに肌自体の保水力が低下して刺激に弱い肌になってしまうのです。肌には元々保水力があります。

そのため元々、潤いのある肌なら大量に化粧水を塗る必要はないのです。そして塗り方も重要です。コットンを使ったりやスプレーをする方もいますが、一番効果的なのは素手で押し込むように塗ることです。コットンは強く使いすぎると肌を刺激してしまいますし、スプレーは浸透する前に蒸発してしまいます。

そのため手にとって全体に馴染ませてから優しく押し込むように塗ると肌に負担をかけずに浸透させることができます。このように化粧水は使い方次第で効果が違います。肌を健康に保つなら、負担をかけない正しい使い方をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です