化粧水の役割と効果について

一般的に洗顔の後には化粧水を付けるのものだと考えられていますが、なぜそのような手順が一般となっているのでしょうか。それは化粧水が持つ役割と効果に答えがあります。肌に使用することで皮膚の状態を整えて滑らかにする効果があるほか、肌に水分を浸透させやすくします。人の肌は水を通しにくい仕組みとなっているため、普段シャワーを浴びたり湯船につかっても肌にぐんぐんと水分が浸透するようなことはありません。

しかし化粧水を使用すると肌が柔らかく整えられ、スキンケア用品の効果を肌の内側まで届けやすくなります。以上のことから、スキンケアの最初に使用することで肌に潤いを与えると共に後のスキンケアの効果を最大限引き出すことができます。とは言えこれ自体に高い保湿効果があるわけではありません。そのためいくら肌に馴染ませても水分はどんどん蒸発してしまい、かえって乾燥を招くことすらあります。

潤いを与えられるのは塗った直後の一瞬であるため、その潤いが逃げない内に乳液やクリームなどの油分を多く含んだスキンケア用品で蓋をする必要があります。化粧水はうまく使用することで肌の状態を良好に仕上げることが可能です。肌の瑞々しさを維持出来たり、メイクのノリが良くなったり、乳液や美容液を塗りやすくなったりと使用しない場合よりも肌の状態を引き上げることができます。今では様々なメーカーから販売されており使用感もさっぱりしたものからしっとりしたものまで様々であるため、自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です