便秘の人のニキビケア

まずは便秘を治す事がニキビ改善に必要です。なぜ便秘になるとニキビができやすくなるかというと、体内に老廃物が溜まるからです。本来ならば腸で消化吸収された後には、老廃物ができ、それは便として排出されます。しかし、便秘になると老廃物が腸に滞ったままです。

これは次第に腐っていき、血液に溶け込んで体じゅうに運ばれます。全身に流れている血液に老廃物の毒素が混じっているという事は、肌表面にも影響が出てきます。老廃物が行き場を失って毛穴から出ようとして詰まってしまうこともあります。ニキビのできる原因として多いのは皮脂が毛穴に詰まる事です。

老廃物が溜まるほど毛穴も詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなります。ニキビを改善させるためには、便秘を治すのが第一です。便秘対策のポイントは3つあります。1つ目は水分をしっかり摂取すること、2つ目は油を摂取すること、3つ目は便のかさを増やすこと、です。

水分摂取は、一度に飲むとむくみの原因になるので、1回につき200ccを目安にして、それを1日10回に分けて摂取するようにします。油の摂取は、脂肪になりにくいオリーブ油が適しています。料理に入れたり、スムージーに入れて飲むと良いです。便のかさを増やすには、食物繊維を摂りましょう。

食物繊維が多いのは、ごぼう、コンニャク、海藻類、イモ類、きのこ類、です。この3つのポイントに従って、便通改善していくと肌の状態も落ち着いてきます。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です