乾燥肌は油分と水分を効率よく与えてあげよう

毎日ちゃんと肌の手入れをしているつもりが、なぜか肌が乾燥する、といった乾燥肌を感じるケースはよくあります。乾燥肌に大切なのは、水分ももちろんのこと、油分もともに効率よく与えてあげる、お肌のお手入れを行うのがコツなのです。油分と水分を適度な量で、肌に与えてあげるお手入れで、肌トラブルも起こさない、うるおいで満たされた美肌も夢ではなくなります。乾燥肌に触れてみると、その感触はかさつきを感じまあす。

肌には十分なうるおいという水分が不足しており、皮脂などの油分の量も少ないがため、カサカサな状態の肌質となるのです。油分の量も水分の量も少なくなると、皮膚のバリア機能はどんどん下がっていきます。外からは様々な刺激を受けているのに、その刺激である乾燥や紫外線にも弱くなります。これがニキビであったり、肌荒れをおこしやすくなるのです。

乾燥肌は、お肌を健康な状態にまで、お手入れで回復させてあげなければなりません。肌の表面は、油分も水分も、全く足りてはいません。そのため、油分と水分を十分に補給することが重要なこととなります。これにより保湿となりますから、肌を守ってくれるバリア機能は、着実に回復していくことになります。

乾燥したお肌を、潤いあるお肌にするためには、水分と油分がキーポイントです。洗顔をたくさんするとか、マッサージを激しくするというものではありません。逆にそれらの行為は、肌を余計乾燥させることにもなるため、気をつけることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です