紫外線は乾燥肌を促す要因となる

外仕事に従事する方は、乾燥肌の割合が高いものです。これは紫外線を大量に浴びるため、肌の水分が失われてしまうからです。日焼けとは軽いやけど状態であり、ヒリヒリと肌表面が痛くなるだけでなく、水分量も減少しています。水分が減ると乾燥肌となり、肌表面がカサカサになってきます。

この状態が続くと、シミや黒ずみ、シワなどの原因となります。一時的に乾燥肌になることは誰にでもありますが、この状態が長く続くといけないのです。お肌にはバリア機能があり、一時的にダメージを受けても自動修復させることができます。しかし、ダメージを常に受け続けるとバリア機能が負けてしまい、肌の深部にまでダメージが及んでしまいます。

お肌がダメージを受けても、すぐに異常となって現れることはありませんが、将来の肌に影響してきます。今は問題がなくても、10年後のお肌の差となって現れるのです。現在の肌ケアが将来の肌を作るため、若いうちから正しい肌ケアの方法を実践するべきなのです。乾燥肌を解消するには、洗顔で洗いすぎを防ぐことです。

そして、洗顔後は保湿をしっかりと行って、洗顔により除去した水分と油分を補ってください。洗顔をするとスキンケア用品も除去されるので、お肌が無防備な状態になってしまうのです。速やかに化粧水と美容液、保湿クリームで栄養を与えてください。肌の新陳代謝は深夜にピークとなるため、寝る前にはお肌をプルプル状態にしておきたいものです。

十分に保湿された肌は紫外線のダメージに強く、乾燥しにくいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です