敏感肌スキンケアは低刺激で

肌の状態が悪いと焦って治したくなりますが、敏感肌スキンケアは低刺激を心がけるのが基本です。肌が弱くなっている状態ですから、乱暴に扱ってよいことはありません。刺激を感じるようなスキンケアは、敏感肌にとってはマイナスとなります。保湿を基本にして、なるべく肌が楽だと感じる方法やコスメを選んでスキンケアをしていきましょう。

肌が整って潤いを取り戻してくると、敏感肌でも外からの刺激の感じ方が変わってきます。しみたり、痛かったりするコスメを無理をして使う必要はありません。まずは刺激を感じないようなケアを行いましょう。肌が整ってくると、敏感肌の方でも美白など気になる悩みに対応しているコスメを使いたくなります。

その際にも刺激を感じるようなものは避けましょう。潤いのある肌は外からの刺激に強くなります。そのため、潤いを与えることで紫外線などの外からの刺激からも肌を強くすることができます。シミなどがあると美白を意識しますが、美白のための成分は肌への刺激が強いことも多いため注意が必要です。

なるべく肌に潤いを与えることと、低刺激の美白コスメを選ぶことが必要です。肌が敏感になっていると些細なことで簡単に肌が傷付いてしまいます。そこに刺激の強い成分の入ったコスメを使うのは危険です。焦って悩みを解消しようとするのではなく、敏感肌用の低刺激コスメの中から悩みに合ったものを選ぶなど、刺激を与えないようにスキンケアをするよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です