敏感肌の人のスキンケア

敏感肌の人にとって、スキンケアは悩みの種です。間違ったスキンケアをしてしまうと肌が荒れてしまうことがあるので、自分にあったケア方法を知ることはとても大切です。敏感肌と一口にいってもそれには種類があります。物理的なダメージに敏感な肌と化学的ダメージに敏感な肌とあります。

物理的なダメージに敏感とは、タオルの摩擦や寝具などのこすれなど、肌に触れるものによってダメージを受けることに敏感な肌のことです。化学的に敏感な肌とは、化粧水やメイクアップ道具などによってダメージを受けやすい肌のことです。これらのうちのどちらに該当するかによってとるべきスキンケアの方法は変わってきます。物理的に敏感な肌の人には、タオルなど肌に触れるものに気を遣う必要があります。

できるだけやわらかい素材を使い、肌をこすらないようにするのが大切です。また洗顔でも肌をこすらないように泡でなでるようにして洗い、しっかり保湿をすることが重要です。一方で化学的ダメージに敏感な肌の人は、使用する化粧品に気を配る必要があります。自分に合う化粧品を探す必要がありますが、それがわからない人はまずはオーガニックのものから初めてみるのがいいです。

化学的に敏感な人は化粧品に含まれるケミカル物質に過敏に反応してしまっていることが考えられるからです。オーガニックの化粧品もさまざまな種類があるため、ビューティーアドバイザーさんや店員さんなどからアドバイスをもらうのが適切です。このように敏感肌の人のスキンケアには種類があるため、まずは自分がどちらにあたるかを知る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です