セラミド配合のクリーム

セラミドは保湿力がずば抜けて高いトップランナーのひとつです。しかも、お肌の水分量を高め乾燥や外部の刺激からお肌を保護するバリア機能を備えています。これを配合したクリームは、化粧水や美容液よりも効果が実感できます。セラミドは水溶性の物質ではないので、クリームや美容液に配合されるのが一般的です。

また、水と結合しやすい特徴を持っていて、油分であるクリームに配合することで水分保持が長時間続きます。テクスチャーが重たい方がセラミドを溶かしやすいため、より高い保湿力が期待されます。水分と油分の両方が保持できるというメリットがあるのです。角層の中にある成分は皮脂と天然保湿因子が約20パーセントで、セラミドなどの角質細胞間脂質が80パーセント以上を占めています。

これらがお互いに助け合って水分をキープしていることになります。乾燥によるシワにも効果が期待されていますが、年齢とともにお肌の生産量が減少していきます。そこでお肌の外からのケアによって、貯水力を高めてあげることで潤いやハリを応援することができます。クリームは潤いを閉じ込めることでシワを防ぎますから、力の衰えたターンオーバーを正常に機能させることにもなります。

また、ターンオーバーの過程で生成されることから、沢山保有できればターンオーバーの促進にもつながります。理想的なクリームには、人間のお肌に近い種類のヒト型セラミドが配合されていることです。このヒト型はサイズをナノ化したものが良くお肌への浸透力に優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です